さあ、本をつくろう! 本づくり基礎講座

  • メッセージの『かたち』をイメージしよう

     本の大きさ、色合いや図柄、タイトルの感じなど、より具体的な出来上がりの姿をつかんでおけば執筆の励みにもなります。

  • 本はパーツででき上がっている

     どういう内容項目(パーツ)を盛り込んで1冊の本にするかを考えてみましょう。「自分らしい本」の演出のために大切です。

  • 判型と製本様式

     よく使われる本のサイズは2種類(文章中心の書籍の場合)。製本の仕方も、ハードカバーとソフトカバーの2種に大別されます。

  • 文字組みと字詰・行間

     1行何字にするか、字と字のあいだ、行と行のあいだはどれだけ開けるのか、白地と字面の割合はどれくらいにするのか……

  • さまざまな原稿形式

     手書き原稿でも、入力文字データ原稿でも、紙焼き、ネガ・ポジ、デジタルカメラデータでも、殆どの原稿形式がOKです。

HOMEへ